産廃業者の皆様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鈴川です。

今回は、「生命保険にできること」というテーマでお伝えします。

日本では、生命保険の加入率は90%以上と言われています。
つまり、ほとんどの方が何らかの生命保険に加入しているということになります。
日本は生命保険大国と言われるわけですね。

では、生命保険って、何のために加入していますか?
そう聞かれると、多くの方は、「自分が死んだときに、家族にお金を残すため」と答えるのではないでしょうか。
そのとおり、確かに自分に万が一のことがあった時に保険金を残せるというのが、生命保険の最も基本的な機能です。

ですが、生命保険の機能は、実はそれだけではありません。
老後の資金作りや、お子様の学資といった貯蓄目的で掛けることもありますし、相続税対策で活用することもあります。
また最近は、死んだときだけではなくて、働けなくなった時や介護状態になった時にも保険金が出る生命保険も増えてきました。

さらに、法人化されている産廃業者様の場合、会社で生命保険に加入する場合もあるでしょう。
その目的は、まずは経営者に万が一のことがあった時に、保険金を使って会社の売り上げを補てんすることですよね。
中小の産廃業者様の場合、社長自ら産廃のトラックを運転しているというケースも多いかと思います。
そうすると、他業種に比べてリスクが高いため、万一の場合に備えて生命保険を掛ける必要性も高いと言えます。
ですが、会社で掛ける生命保険には、それ以外にも社長や役員の退職金の積み立てや、会社の決算対策(いわゆる節税対策ですね)、事業承継対策などの、さまざまな機能があります。

つまり、生命保険は非常に便利な制度なんです。
その機能を上手に活用することによって、さまざまなメリットを受けることができます。
ここが、ファイナンシャルプランナーの腕の見せどころなんですね。
いい担当者をつけておけば、生命保険を活用してお客様のいろんな問題を解決するアドバイスをしてくれるはずです。

ちなみに自動車保険は「~ダイレクト」といった、いわゆる「通販型」が流行っていますよね。
インターネットを使って、自分で必要な保険に安く加入することができます。
これは、自動車保険の機能が、事故を起こしたときに賠償金を支払うという、比較的単純なものだからです。
これに対し、生命保険の通販は、一部の会社が行っていますが、まだ一般的とは言えません。
それは、生命保険はさまざまな機能を有しており、担当者のアドバイスなしにはなかなか使いこなすのが難しいからだと思います。

そこで、このコラムでは、知っていると得する、あるいは知らないと損する生命保険の活用法を、事例を基にしながらできるだけ分かりやすくお伝えしていきます。

次回以降もぜひお楽しみに。

それでは、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!