産廃業者の皆様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鈴川です。

今回は、「生命保険で貯蓄はできるのか」というテーマでお伝えします。

皆様は、お金を貯蓄する方法として、どんな方法を思い浮かべますか?
真っ先に思いつくのは銀行預金ですよね。
ところが、現在のような超低金利の時代には、定期預金に入れておいてもほとんどお金は増えません。
株や投資信託もいいですが、これらは元本保証のないリスク商品ですので、増えることもあれば減ることもあります。
そこで、低リスクの貯蓄の方法として、生命保険を活用することが考えられます。

終身保険のような貯蓄型の商品では、お客様からお預かりした保険料を保険会社が運用して、契約時に定めた利率でお返しします。
昔の終身保険の中には、掛け続けていると支払った金額の倍近いお金が戻ってくるものがありました。
今もまだこのような保険をお持ちの場合、それは「お宝保険」とも言うべきものですから、資産として大切に取っておくことをお勧めしています。

ところが、最初に述べたように今は超低金利の時代ですから、生命保険会社も資金の運用が難しくなってきています。
そこで、一昨年あたりから、貯蓄型の商品が徐々に販売中止になったり、利率を下げるなどのスペックダウンが行われてきました。
だんだんと、生命保険で貯蓄するというのが難しくなってきているわけです。
それでも、満期まで掛け続ければ、元本よりは増えたお金が戻ってくる商品もあったため、一定のメリットはあったわけです。

ところが、今年(2017年)の4月に、更なる不幸が生命保険を襲います。
それは、マイナス金利政策の影響により、金融庁が標準利率を現状の1%から0.25%に引き下げるというものです。
生命保険会社は、自社の保険商品に適用する利率を、この標準利率をもとに決めているため、4月以降、各生命保険会社の商品はさらに利率が下がる(保険料が上がる)ことになります。
そうすると、終身保険を掛け続けても、支払った金額よりも少ない金額しか戻ってこないことになるかもしれません。
これでは、貯蓄としての意味をなさないですよね。

これは、法人向け商品においても同じことが言えます。
生命保険を使って役員退職金を積み立てる方法を以前ご紹介しましたが、2017年4月以降は思ったほどお金が増えないということが予想されます。

では、どうすればよいでしょうか。
現時点で言えるのは、4月以降生命保険を使って貯蓄をするのはますます難しくなるため、貯蓄をお考えであれば3月までにしておくべきということです。
生命保険は契約時の利率で判断するため、3月中に契約すれば4月以降に利率が下がっても、3月中の高いままの利率が将来にわたって適用されます。

今後もこのような生命保険の最新情報をアップしていきたいと思います。

では、また次回もお楽しみに。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!