産廃業者の皆様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鈴川です。

今回は、「相続対策と生命保険」というテーマでお伝えします。

相続対策にはさまざまな方法がありますが、今回お伝えするのは「遺産分割対策」です。
つまり、遺産分割でモメないための対策ということです。

例えばこんな事例を考えてみてください。
Aさんは、産業廃棄物収集運搬業を営む甲産業という会社を経営しています。
甲産業の株式は全てAさんが所有しており、株式の評価額は1億円あります。
その他のAさんの相続財産は、奥さんと暮らす自宅(評価額5千万円)と、預貯金が1千万円ほどです。
Aさんには二人の息子がいます。長男が甲産業の役員に入っており、次男は県外で別の仕事をしています。

産廃業者遺産分割

Aさんが亡くなった場合、遺産はどのように分ければいいでしょうか。
まず奥さんが住んでいる自宅は、奥さんに相続させ、奥さんが元気なうちは自宅で安心して暮らしてほしいと思うでしょう。
また、甲産業の株式は後継者である長男に相続させるべきです。
なぜなら、会社経営の安定のためには、株式を分散させることなく後継者に引き継ぐことが必要だからです。
そうすると、次男の取り分は残りの預貯金1千万円ということになります。

産廃業者遺産分割
しかし、これだと次男は自分の法定相続分(1/4=4000万円)を下回るだけでなく、最低限の取り分である遺留分(法定相続分の1/2=2000万円)をも下回る財産しかもらえないことになります。
これでは、次男は不公平感を持ち、遺産分割がうまくいかない可能性が高いといえます。
せっかく仲の良かった兄弟が、遺産分割でモメて不仲になってしまうというのは、Aさんとしても不本意ですよね。

このような事例で、遺産分割を円満に進めるためには、遺産を多くもらった長男から、次男に対してお金(代償交付金)を支払えばいいのです。これを、「代償分割」といいます。
つまり、長男が次男に9千万円を支払えば、兄弟の取り分が平等になります。
なお、通常は9千万円ものお金を支払うと、受け取った方が贈与税を支払う必要がありますが、代償交付金として支払う場合は、その旨を遺産分割協議書に記載しておけば、贈与税はかかりません。

しかし、長男がこれだけの現金を持っていなければ、この方法は使えません。
そこで、Aさんが生命保険に入って、受取人を長男にしておけばいいのです。
たとえば、Aさんが亡くなった時に生命保険金として長男に9千万円が支払われるようにしておけば、そのお金を次男に支払うことができますよね。

産廃業者遺産分割
次男としては、長男と同じだけのお金がもらえるのであれば、遺産分割に異議を唱えることはしないでしょう。
長男としては、甲産業の株式を全て承継し、産廃業を継続していくことができます。
奥様としても、Aさんとの思い出が詰まった自宅で暮らすことができ、家族みんなにとって納得のいく遺産分割ができるのではないでしょうか。

これが、生命保険を使って遺産分割を円満に解決する方法です。

では、また次回もお楽しみに。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!