産廃業者の皆様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鈴川です。

今回は、「相続対策と生命保険2」として、前回の続きをお伝えします。

「相続対策と生命保険1」は、こちら!

前回のコラムでは、遺産分割をスムーズに行うための代償分割の方法をご紹介しました。
その後、読者の方からご感想を伺う中で、「遺産総額が1億6千万なのに、次男に9千万もあげたらバランスが悪いのではないか?」というご質問をいただきました。
そこで、この点について補足しながらご説明したいと思います。

もしこの事例が、「遺産の中から」9千万円を次男にあげたというものであれば、遺産の半分以上を次男にあげることになりますから、たしかにバランスが悪いと言えるかもしれません。
しかし、実は「生命保険金は遺産ではなく、受取人固有の財産」なのです。
前回の事例で言えば、長男を受取人にしていたのですから、生命保険金9千万円はもともと長男固有の財産であり、遺産分割を円滑に行うためにそれを次男に代償分割金としてあげたにすぎません。
ですから、遺産分割としてはバランスが悪いとは言えず、これで問題ないということになります。

さて、「生命保険金は遺産ではなく、受取人固有の財産」であるということは、つまり生命保険金は本来遺産分割の対象ではないということを意味します。
これはつまり、生命保険金を受け取った相続人は、他の相続人から半分よこせと要求されることはないということです。
だとすると、遺産分割の合意がなくても、ある相続人が他の相続人よりも多くの財産を受け取ることが可能になりますよね。
そこで、お父さんがある特定の子供に財産を残したいと思えば、その子供を生命保険の受取人にすればよいということになります。

確かに原則としてはこれで間違いではないのですが、あまりにもやりすぎると、問題になります。
つまり、他の相続人との間に著しい不公平が生じるような場合には、生命保険金も相続財産に含めて遺産分割を行うべきとした裁判所の判例があるのです。
ですから、特定の子供だけを生命保険の受取人にするのは、ほどほどにしておいた方がよいと言えます。

ちなみに、上記の判例は、生命保険の受取人が相続人である場合の話です。
ということは、相続人以外の人を受取人にした場合には当てはまらないのです。
つまり、子供ではなく孫に生命保険金を受け取らせるようにしておけば、孫は相続人ではありませんから、他の相続人から文句を言われることはないということです。
生命保険の受取人を指定するときには、こんなことも考えながら決めてみてはいかがでしょうか。

それと、「生命保険金は遺産ではなく、受取人固有の財産」であるということは、もうひとつ面白い意味があります。
遺産がプラス財産よりも借金などのマイナスの財産の方が多かった場合、相続放棄をすれば遺産を相続せずに済みますよね。
相続放棄をすれば、借金を相続せずに済む半面、もし預貯金などのプラスの財産があったとしても受け取ることはできなくなります。
しかし、相続放棄をしたときに受け取れなくなるのは、あくまでも「遺産」です。
この点、生命保険金は遺産ではありませんから、相続放棄をしたとしても受け取ることができるのです。
なので、財産より借金の方が多いけれど、子供たちに財産を残してあげたいと考えるお父さんは、ちょっと無理してでも生命保険に加入しておくべきです。
そうすれば、お父さんに万が一のことがあった時、子供は相続放棄をして借金を免れたうえで、生命保険金だけは受け取ることができるわけです。

このように、「生命保険金は遺産ではない」ということから、さまざまな面白い効果が生じることがお分かりいただけたと思います。

では、また次回もお楽しみに。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!