技術士、環境計量士の鎌田です。
2回目のコラムは「騒音」のことについて話してみたいと思います。
生活環境影響調査の中でも、中間処理施設の場合は
最も直面することの多い環境影響項目になるだろうと思います。

ただ「騒音」と一口に言っても、
「なかなか具体的にわからない」
「騒音計で図るんだよね」
「苦情件数が結構多いよね」
などといった程度の感想やご理解が多いと思います。

騒音を受ける対象は「人」です。
犬や猫ではありません。
そのため、人の聴感特性に合わせた数値が求められます。
犬などは人が聞こえないような音も判別できますが、
それをここで考える必要はありません。

それでは、人の聴感特性とはどんな感じかというと、
2,000Hz~4,000Hz程度の高い音に敏感で、
逆に125Hz~250Hz程度の低い周波数でやや鈍感になる傾向があります。

音はこのように周波数によって構成されています。
雨上がりに光が波長によって分解され、虹が現れるのと同じようなものです。

この周波数が、人の場合は約20Hz~20,000Hz程度までが可聴範囲とされていますが、
周波数によっては、同じ物理的な音量であっても前述のように高めに聞こえたり、
低く聞こえたりなどします。

騒音計は、このような人の聴感特性を考慮し、補正し、
数値的に計測することができます。

騒音測定

よく「A特性の値」などということがありますが、
これは、とりもなおさずこの「人の聴感特性」を考慮し、補正した値のことです。
皆さんが「騒音レベル」と普通に言われるのはこの値です。
生活環境影響調査の中でも、破砕機を設置するようなケースでは、
この騒音が問題になります。

騒音が問題となるのは、特に、100dB近い騒音レベルの破砕機を
敷地境界の塀のそばに配置するような場合です。

皆さんも自宅のお部屋の模様替えなどする時、
机や本棚などを壁際に置くことはよくあることだと思います。
廃棄物処理施設の場合も、敷地を有効に活用するため、
自宅の模様替えと同じように配置してしまうことがあります。

もちろん、作業効率上仕方がないという場合もありますが、
騒音レベルの予測を敷地境界で行うと、規制基準を大きく上回ってしまったり、
元より予測するまでもなく、これでは100%基準を満足できないなと思うことも
しばしばです。

基準を満足していない計画は、役所の審査を通過することができませんので、
当然、いろいろな検討を行うことになります。

敷地境界近くにそのような施設を配置すると、
驚くような高さの防音壁が必要になるケースもあります。

施設の大きさにもよりますが、
高さ10mなどという防音壁は常識はずれだと思いますので、
私はだいたいの場合、配置の再検討をお願いします。
「このあたりに配置してもらえればおよそ●●dB程度になりますよ」という
ご説明をして、お願いしています。

計画設計が先行し、配置計画がほとんど固まった状態で生活環境影響調査を行うと、
このような事態になり、再検討に要する無用な時間やコストがかかることになってしまいます。
これはどう考えても、事業主様にとって不幸なことだと思います。

また、生活環境影響調査の騒音予測の中で、
代表周波数にのみ着目して行う場合がありますが、
これは単に手抜きでしかありません。

もともとの騒音は、前段でお話ししましたように、
いろいろな周波数により構成されており、
周波数によって波長も違いますし、壁の透過損失や吸音率も違います。

防音壁を設置する場合でも、波長によって減衰量が異なります。
代表周波数などというものは無く、
周波数ごとの計算を行う必要があります。

第1回目のコラムでも書きましたが、
「いかにクオリティを維持しつつ、ゴールに向かって最短コースで行くこと」。
これが、弊所の基本です。                 

鎌田